Cresthome staff blogクレストスタッフブログ

「楽しい家づくり」を応援するクレストホームの
ウキウキスタッフが、ワクワク、面白い!?
しかも為になる情報をお届けします。

  • 冨田 美和
ブログ
    Home > ブログ > 「紅葉の森に行こう!」お楽しみバスツアー㏌丹波
2018/12/3
「紅葉の森に行こう!」お楽しみバスツアー㏌丹波

こんにちは!ハウスアドバイザーの川合です。

先日開催されました毎年恒例の「森林バスツアー」に参加させていただきました。

朝、7時半神戸駅集合でスタート。


姫路駅8時半頃、姫路方面の方と合流して丹波森林ツアーに出発!

家づくりに使っている杉の木の加工工場、木栄さんで工場見学をしました。

木栄さんの工場は、山に囲まれた緑豊かな場所にあり、裏山も杉林でした。

バスから降りた瞬間、木の香りでいっぱいでした。


山から運ばれてきた杉の木の皮を、11本削り落とし、角材やフローリング材に加工して、乾燥させていく工程を見学させていただきました。

1本の柱が原木から出来上がっていく様子は、なかなか普段見ることが出来ないので、貴重な体験でした。また、大量の削りカスはどうするのだろう・・・と思っていたら、皮は燃料に、木くずは紙の材料になるそうです。1本の木の恵みを、無駄なく利用しているところにとても共感がもてました。

次に向かった所が、去年廃校となった丹波市立神楽小学校。


今後、こちらの学校跡地を有効活用して地域おこしを予定しているようです。

今回は、林工務店さんが主催の、みんなで「ミニハウスを建てよう!」という企画でした。学校の体育館に、柱を建てていって、ほんの1時間ほどで家を完成させました。可愛いミニチュアハウスの出来上がりです。家の庭に自分だけの隠れ家を作りたい!と思った人もいたはず。


他に展示として、武庫川女子大学と木栄さんのコラボ企画で、震災時の癒しスペースのモデルプランがありました。被災地の避難所で快適なプライベート空間を、誰でも簡単に木で作れるという企画だそうです。体育館の寒々しい場所でも、木のぬくもりが感じられて、とてもいい考えだと思いました。全国・世界の避難所に普及される日も近いかも・・・。

お昼休憩は、せせらぎの里でおそば定食を美味しく頂きました。

午後からは、紅葉の名所、高源寺へ。


ところが・・紅葉のピークは過ぎ去って・・・

参拝客もちらほらで、ちょっと寂しい感じもありましたが、お寺の雰囲気はとても厳粛な感じで素敵でした。


ツアーも終盤。

道の駅あおがきに寄り、お子様は遊具で楽しんだり、それぞれにお買い物を楽しんだりして帰りました。

そして、帰りのバスは、静か・・・。ほとんどの方が爆睡だったのでは?(私もですが・・。)

こうして、無事バスツアーは終了しました。



各種お問い合わせはこちらから各種お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください!contactお気軽にご相談ください!