Cresthome staff blogクレストスタッフブログ

「楽しい家づくり」を応援するクレストホームの
ウキウキスタッフが、ワクワク、面白い!?
しかも為になる情報をお届けします。

  • 冨田 美和
  • 太田黑 貞一
ブログ
1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12|
ジェラート屋さんで牛を見ました!!
久しぶりに動物を見て少しテンションが上がり楽しかったです。
ジェラートも美味しかったです!!


写真は牛しか撮ってないですが、他にもヤギとウサギも居て子供さん達もきっと楽しめると思います。
暖かくなったら皆様も是非行ってみて下さい。

西山牧場のアイスクリーム&ジェラート工房 BOSS&MOM
兵庫県三木市吉川町豊岡427番地


設計部
年末の大掃除も終わり、正月に向けて毎年作っているのがミニ門松です。



門松と言っても器は直径25cmの鉢を毎年使っています。
めでたいものの代表格、松竹梅鶴亀は必ず入れて、後は干支にちなんだものや空いたスペースの彩りは毎年変わります。
今年は南天の実と羊の瀬戸物です。
これを作ると気分良く正月を迎えられるので今後も続けて恒例行事にしていこうかと思っています。
園芸屋さんなどであらかた揃いますし、案外簡単に作れますので是非共皆さんにも挑戦してみて欲しいです。


工事部 那須

ジョウシンに次男と三男がお年玉を持ってゲームソフトを買いに行きました。
三男が帰り際にハイチュを買い自分の両手いっぱいに荷物を抱え込んで車に乗り込みました。
お兄ちゃんの塾も有るので早めに夕ご飯に行く事にしました。
車を発進して間もなく三男が「財布は?」と、他人事のように言い出しました。
みんなから、「さっき自分で持ってたやん!」と言われたが逆切れして「そない言ってもないもん!」
それから車の中を探したが全然見当たらず、しょうがないのでジョウシンの店員さんに落し物が来てないか確認に行きました。
「残念ながら落し物は来てないですね!」と言われました。
お兄ちゃんの塾も有るので連絡先だけ言って食事に行きました。
三男は財布よりゲームソフトの方が大事みたいで財布を落としたショックは全然ない感じでした。
お寿司を食べに行きました。
5皿目でいきなりガチャポンが当たり、中には1/500の確率と言う金のトーマスが出てきました。

良い事が有るといいな!!!と思いながら食事を済ませて帰りました。
※家に帰ったら財布が有りましたと連絡が入ってました。

工事部 太田黑
五色山の現場の完了検査を受けました。



この現場は前面道路が約3.0mなので、
道路中心線から2.0m下った所を、
道路境界線としなければなりません。
その位置を示すため、
神戸市から支給された2項道路後退プレートを設置します。



後は外構工事が終われば完成です。


工事部 天野
1月16日(金)
今日は安全祈願祭でした。 当社の1番最初の行事です



今年は寒さもましでした。社員及び協力会社のかたたちも参加してもらい
無事終了しました

工事部 藤田
皆様、あけましておめでとうございます。
そして今日は成人の日、成人を迎えられた方、ご家族の皆様おめでとうございます(^^)/

お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか?



私は久々に近くの小高い山に登って日の出を見てきました!
寒い日や曇りの日を避けて、1月5日に見たものですが(^_^;)



皆さまに良いことがありますように!!

本年もどうぞよろしくお願い致します。

営業部
新年、明けましておめでとうございます。
今年は、クレストホームにとって大きな変革の年となりそうです。

そこで気持ちも新たに、何十年かぶりに初日の出を拝もうと、
本社を移す予定の舞多聞で日の出を待ちました。

日の出時刻の7時過ぎ、雲に隠れてなかなか姿を現わしてくれませんでしたが、
次第に美しい放物線を描きながら、雲の切れ間から姿を見せてくれました

みなさまにとっても良い年でありますように。

営業部 山田
先週末は垂水マンションのリノベーション見学会を開催していました。
この部屋は同マンションの中でも一番良い眺めの部屋になっていて明石大橋が目の前に見えます○
昼と夜で違った雰囲気を楽しめるのも魅力の一つです。



いよいよ今週で最後となりますのでお時間ありましたら是非ご来場ください。


工事部

今年もいよいよ12月がやってきましたね。
急な冷えこみで、風邪などひかれていないですか?

冬の苦手な私は冬眠していたい気分ですが、
今週、クレストホームの事務所の中に置いてある植木の蕾が膨らみ、
咲いたのはなんと、南国の花ハイビスカス!!

ちょっと変な感じですが、こんな寒いのにがんばっているんだなと、
花を見るたびに元気をもらいました(^^♪

忙しい師走ですが、今月は見学会やセミナーいろいろありますので、ぜひご参加下さい(^^)

営業部
総務部の山崎です。

先週友人と京都の山崎に行って来ました。朝からざぁざぁぶりの雨で行く気が失せていた私を、
友人は「雨の京都もいいよ」とあっさり言ってのけ、出かける羽目になりました。

が、雨の紅葉は見事の一言で、赤・黄・緑のコントラストが曇った空に素晴らしく生えて・・・
と、紅葉はおまけの楽しみだった今回の旅行。メインはサントリーの蒸留所見学でした。
朝ドラをご覧の方なら、今まさに展開して行く「山崎」の工場建設。「マッサン」は北海道に
建設したいものの、鴨居社長(サントリー鳥井信治郎)は「山崎」でと近場を押しています。
その山崎に立派な工場がまさに建っていました。ですのでネタバレになりますが、山崎に「マ
ッサン」設計のウイスキー工場が建てられるんですね。

この見学を通して、蒸留したてのウイスキーは無色透明に近く、長年樽の中で熟成させること
で、あの琥珀色に変わっていくと言う事を知りました。
山崎の気候風土、とりわけ湿度がウイスキー作りの環境に適しているそうで、ベストな場所で
はないものの、「イングランドのような環境でウイスキーを作る」と言う「マッサン」の目論
見は正しかったんですね。

(蒸留器ポットスチル)
(樽の中のウイスキー)

驚いたのは何と世界のウイスキーコンクールでこの山崎の18年物のウイスキーが金賞に輝いた
、それも歴代の最高点と並ぶ快挙と聞き、ドラマの中で「日本でウイスキーを作るなんて無理
だ」とイングランド人に言われていた事が嘘のようです。なぜならイングランドのウイスキー
を超えた訳ですから…
見学の最後に試飲させてもらいましたが、サントリーウイスキー山崎のハイボールはお酒の得
意でない私にも、飲みやすく美味しく頂けました。
余談ですが、ドラマにも登場する太陽ワインのポスターの実物にも出会えました。
(赤玉ポートワインのポスター)
その後、15分ほど山を登って、今度はアサヒビールの所有する「大山崎山荘美術館」にも足を
延ばしました。
ここは実業家加賀正太郎が昭和初期に建てた英国風の山荘を復元整備し、1996年に美術館とし
て開館しました。
(山荘と紅葉)
美術館のコレクションは主に、アサヒビールの創業者山本為三郎が収集したもので、圧巻は
クロード・モネの「睡蓮」連作(3枚)が地下の展示室にあります。
建物は1932年に完成させたイギリスはチューダー様式の山荘本館と、隣接して地下に造られた
安藤忠雄設計の地中館、並びに山手館でなっています。
こちらは2012年完成だそうです。近年建築ですが、長い階段で繋がる円形の建物は古い本館と
不思議に溶け合っていました。
(地中館に繋がる階段上部)
因みに加賀正太郎と言う人は、学生時代にイギリスに留学し、イギリスのモダンな生活を体感
しました。彼は天王山山麓の淀川の流れを見下ろすこの場所に、テムズ川を見下ろすウィンザ
ー城の風景を重ね合せ、ウィンザー公の気分を味わいたかったのでしょうか?
構造は鉄筋コンクリート造りですが、外観は木の柱を露出させ、その間にレンガ壁を組んだハ
ーフティンバー工法(半木骨造)で建てられています。この工法は北方ヨーロッパの木造真壁
建築で、15〜17世紀に英国の住宅に多用されたそうです。
(山荘煉瓦外観)
展示品もさることながら、この建物の建築様式が素晴らしくて大変感動しました。こうした特
異な建物が、取り壊しの危機に面しながら、大山崎町の心ある人々やアサヒビールの支援で残
されたことに感謝したいと思います。
またこの建物の最初のオーナーはニッカウヰスキーの創立にも関わっていたとの事。
この山崎にサントリー、アサヒビール、そしてニッカとお酒つながりの縁を興味深く感じまし
た。
最後に、冒頭でも書きましたが、この山荘の紅葉は名画のように私の心に残る美しいものでし
た。
沢山の感動と収穫を与えてくれた小旅行。気乗りしない私をいざなってくれた友人に感謝した
いと思います。
(山荘庭園の紅葉)
総務部 山崎

各種お問い合わせはこちらから各種お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください!contactお気軽にご相談ください!