リビング中心主義の家

神戸市垂水区 M様

エアコンを取り付けていないというM様邸。LDKに大きく吹抜けを設け、光や風を取り入れた暮らしを楽しんでいる。「木の家にしたかったんです。」1月初めに訪れたモデルハウスで暖かさを実感して決めた。
 県産木材を中心に、自然素材をふんだんに使い、家族の気配が伝わる解放的なプラン。大空間でも心地よく暮らせるのは、独自の工法のおかげ。夏は熱を遮り、壁が空気を通して涼しい。冬は壁の中の空気層が暖かさを逃がさない。セルロースファイバーの断熱材や、内装の無垢材・漆喰等の相乗効果もあり、快適な湿度を保ってくれる。「以前の家では冬場、子供の咳が気になって」と体にやさしい家に満足されている。

暮らしはじめてからのお家一覧に戻る


  • LDKの床は節のない吉野杉で木目が美しく、すっきり。「いつも裸足です。」
  • 光を採り込める明るい空間。1階のダイニングから大きな窓を見上げて雲の流れや月を見ています。
  • 洋でも和でもなくシンプルに仕上げた外観。スイス漆喰の白い外壁に板張りがアクセント。
  • 自然が大好きなM様。南西向きの広いLDKに面して大きな庭を取り、外と内をつなぐ長い縁側をつくった。
  • 大量の収納に、窓まで設けた明るく清潔なキッチン。ここから家全体が見渡せます。
  • LDKとつながる和室は、調湿、消臭作用のある天然シラスの塗り壁。
  • 「明るい木の家で暮らしたいという希望が叶いました。」とM様。

施主さまご案内
家づくりの秘密大公開!資料請求!


各種お問い合わせはこちらから各種お問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください!contactお気軽にご相談ください!