二重通気遮熱工法

四季を健やかにおいしい空気と暮らす。そんなことができる気候風土にあわせたこだわりの工法

  • ECO&エコについて
  • 二重通気遮断工法について

冬は熱を逃がさず、夏は日射を遮り湿気のコントロール。

壁体内にある2つの通気層を制御して、透湿壁(内壁)と無垢スギ・
ヒノキ柱の相乗効果により湿気のコントロールを行い、生活の中で発生する臭いや有害な化学物質を排出して、ここちよく清浄な室内空気環境を整えます。

反射力の高いアルミ遮熱材+断熱材の効果により、暑さの原因である輻射熱を大幅にカットして、夏は木陰の涼しさを。冬は熱を逃がさず、家中温度ムラの少ない基礎空調を実現して体にやさしい空間
に。これらにより四季に応じた理想的な住み心地を育みます。

おいしい空気をつくる「呼吸する壁」

ホルムアルデヒドなどの有害物質や生活の中で発生する臭いは、
水溶性であり、透湿する壁により屋外に排出する仕組みです。

そして、温度ムラの少ない温熱環境により、結露によるカビ・ダニ等
によるハウスダストを低減させて、清浄でおいしい室内空気環境を
目指します。

通気層に空気が流れることにより気圧の変化が生じ、
室内の湿気及び化学物質が排出される仕組み。

FFCテクノロジー処理建材による免疫住宅

築1300年の「法隆寺」をはじめとする歴史的な木造建築が実証しているように、木が強い生命力を備えていることがわかります。これは木の細胞組織がきわめて堅牢なうえ、木自身がつくり出した薬効成分が腐朽菌などを抑えるからです。
こうした木が本来持つ機能を、最大限に活かしたのがFFCテクロノジー建材です。FFCとは、水溶性二量体鉄(鉄ミネラル)のことで、調湿効果といった木が本
来持つ機能を、木に含まれる水の分子を活性化させることで善玉菌を増殖させ、悪玉菌の増殖を抑える効果があります。そして、カビの発生が抑えられることでダニの増殖を防ぎ、ハウスダストを抑制して、上質な空気環境を実現します。
クレストホームの住まいでは、特に肌が直接触れる無垢床材に、FFC処理を施しています。
FFC処理された床材は、未処理のものと比較し、木の細胞を活性化させることにより、遠赤外線の放射率が上昇し、化学物質などを分解除去してカビの発生を抑制します。
そして、肌に優しく、ほのかなぬくもりも感じさせてくれます。

遮熱+断熱の相乗パワーにより快適さUP!

日本の住宅は、気密・断熱性能が向上し、冬を暖かく過ごせるようになりました。では、夏の暑さ対策はどうでしょうか。
現在の住環境は、ヒートアイランド現象という言葉さえも生まれるほど暑くなっています。最低気温が25℃を上回る熱帯夜や、日中の最高気温が30℃を上回る真夏日はともに増加傾向で、各部屋エアコンに依存する暮らしを余儀なくされています。

「人も家も健康。」だから安心・長持ち・優しくなれる。

人に優しいばかりでなく、家にも優しい、次世代に継承できる環境配慮の家でなければなりません。それには、機械換気や無駄な空調エネルギーを使わずに、
それでいて快適な居住空間であることが求められます。
間違った高気密化により部屋だけでなく、壁の中の空気まで密閉化されてしまうと、壁体内結露による蒸れ腐れや蟻害やカビ等による構造劣化により、大切な家が短命化してしまいます。木も健全に呼吸ができると、調湿効果により生活に潤いをもたらし癒しのある空間を育んでくれます。「クレストホームの家は化学的な新築臭がしない」と言われています。 これがまさに呼吸する健康な家の真骨頂なのです。
「クレストホームの工法・素材」について詳しく知りたい方はコチラ!
実際に二重通気遮熱を体感されたい方はコチラ!

各種お問い合わせはこちらから

  • 詳しい資料が欲しい まずは、ここから家づくりを
    考えはじめてみては?
  • 完成見学会に参加したい 皆が建てたお家を参考に、
    完成見学会に参加したい。
  • クレストイベントに参加したい 少人数で納得のイベントを
    開催しています。
  • 土地の探し方を教えてほしい 土地探しマニュアルから
    お得な方法を教えします。
  • 資金計画について相談したい 私の年収で、無理のない
    返済計画はどうしたらいい?
  • 体感モデルハウスに宿泊してみたい 「無垢材の床の肌触り」を
    宿泊して身近に体感。